■2015冬〜春オンたまPDF デジタルカタログ 海辺のあたみマルシェ

新着ニュース

2015-01-31   2015冬〜春オンたまは、2月9日(月)から予約開始です!

点線

2014-11-28   「椿油でつくるハーブオイル」は開催中止になりました。「椿油でつくるリンゴパイ」は通常通り開催をいたします。

点線

2014-11-20   25日まで予約延長!「お気に入りは自分でつくる!革のポーチづくり」定員残り3名です!

点線

2014-11-01   2014年秋オンたま、11月5日から予約開始です

点線

2014-11-01   「チャイワークショップ」「天城軍鶏とワインの夕べ」などCAFE RoCAで行うプログラムは予約開始です!

点線


まちコンポ

ジャパンオンパク

「オンたま」ってなに?

オンたまは、地域でがんばる人たちを応援する取り組みです。


体験交流プログラムを通して、地元で暮らす人、働く人と、この地を訪れた人の交流が生まれ、それが地域の人たちの意欲につながり、時として感動的な場面も生まれます。 地域のやる気のある人々が立ち上がり、つながり、それがまちづくりの活動や小さなビジネスヘと 育っていく、それがオンたまの目指す姿です。 熱海ならではの文化を土台にした地域に根付いた産業、人財の育成を目的に活動しています。


“たった一人”から社会が変わる

いま熱海でそんなことが起き始めています。


「親から受け継いだ自分の畑・山を残していきたい。」「このまちの歴史を語り継いでいきたい。」“たった一人”が大事にしてきたもの、次の世代に残していきたいものを守り育てようと、そして新しいものを創り上げようと、現場でカラダを張って取り組んでいる人たちがいます。
 そんな想いのこもった行動は、とてもかっこいい。そんな人に出会うと、なんだが感動"してしまいます。
 そして“感動”が生まれた瞬間、もはや“たった一人”ではなくなるのです。応援しようと動き出す人、刺激を受け自らの現場で動き出す人、日常をちょっと変えてみようと思う人。
 そして、周りが変化すると姶めのたった一人の想いと行動も大きなうねりとなっていきます。そこにぱ行動の連鎖"が起こります。

始まりは、ごく普通の“たった一人”から。

 私たちはその"行動の連鎖"が起きるための触媒となり、“たった一人”の想いを育て、“感動”が起こる場を生み出していきます。

今までに生まれたチャレンジの数々

チャレンジ数、一人ひとりのチャレンジ

オンたまをつくっている人たち

今回のオンたまでは、atamistaに高知県から半年間のインターン、東京から1年間のインターンに来ている2人の大学生が大活躍。熱海に住み込み、熱海再生のために力を尽くしてくれています。その二人からの一言コメントです。

区切り線 企画の現場はすごく大変だけれど、やりがいがあって、楽しいことだらけ。この楽しさが皆さんに伝われ ばいいな、と思っています。皆さんも、オンたまを通 して素晴らしい出会い、つながりを。熱海、最高です!(太尾)

区切り線 今回は修善寺やいわきなどの地域と連携企画にチャレンジ。他地域のいろんな方と一緒に楽しく企画作りに取り組めました。これからも「オンたま」が様々な人・地域に広がっていってほしいです!(坪井)

区切り線

STAFF CREDIT

[実行委員長]市来広一郎
[副実行委員長]小倉一朗
[企画・運営]大沼園子、加藤明子、小山弥乃吏、 小松千晶、小松愛美、下田国久、太尾郁恵、高橋聖子、 高橋洋子、立見修司、茶田勉、坪井聡、富岡雅人、 HALa9000、深田真弓、二見一輝瑠、古橋卓也、 吉田育恵、米山真平
[予約センター]熱海市観光協会
[アドバイザー]森田金清(熱海市観光協会会長)
[WEBシステム]株式会社クレヨンネット

Guide Book

[デザイン]大沼園子(sonohaus)、吉田育恵
[表紙撮影]せきねよしと
[ライター]国分美由紀

オンたまスタッフ

熱海温泉玉手箱 主催・共催・協力

主催:熱海温泉玉手箱実行委員会
共催:熱海市、一般社団法人熱海市観光 協会、NPO法人atamista
協力:一般社団法人ジャパンオンパク (はこだて湯の川オンパク、いわきフラオンパ ク、能登旨美オンパクうまみん、信州諏訪温泉 泊覧会ズーラ、信州いいなか里山泊覧会 イーラ、鹿教湯温泉里山のパッセジャータ、熱 海温泉玉手箱オンたま、総社みちくさ小 道、うべ探検博覧会、久留米まち旅博覧会、 別府ハ湯温泉泊覧会、都城盆地博覧会ボ ンパク、沖縄チャンプルー博覧会)

NPO法人atamistaについて

NPO法人atamista


100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる

 atamistaという名前には「熱海を支え、創っていく人たち」そして、「熱海から社会を変える」という意味を込めています。

 私たちは「どれだけ地域が活性化したか」=「どれだけ自ら活発に動き回っている人がいるか」だと考えています。

 地域の問題に気づき動き出す人を増やし、NPO活動やビジネスを通じてチャレンジする人が増え、またそのようなチャレンジのネットワークを形づくっていく触媒となることが私たちの役割です。

 そして、フィンランド語で、atamista=fromatami。私たちは、熱海から地域づくりのカタチ、そして新しいライフスタイルを発信し、社会を変える担い手になっていきたいと考えています。

 いま、地方の衰退、地域コミュニティの衰退は、大きな社会的課題です。一方で、東京など都市部は非常にストレスフルな社会となり、閉塞感に覆われています。

 地域のコミュニティを再生し、地域でこそ仕事ができ、生活ができ、豊かな暮らしが送れる。そんな社会を目指しています。


NPO法人atamistaでは、「熱海温泉玉手箱(オンたま)」以外にも、
様々な事業に取り組んでいます。


●家守事業…遊休不動産(空き家、空き店舗)を活用したエリア再生
●調査事業…人口流出白書の発行を目指した、熱海の課題分析
●ICT事業…携帯動画CMを活用したまちのコミュニケーションポータルの運営

区切り線

atamistaでは、こうした活動を支援してくださるサポーター会員(賛助会員)を募集しています。


サポーター会員(賛助会員)年間費 一口 3,000円
法人・団体会員年間費 一口 50,000円


※入会をご希望の方は「賛助会員入会希望」と明記の上、以下の連絡先までご連絡ください。

【NPO法人atamista】

info@atamista.com/FAX: 0557-52-4531/http://atamista.com

atamistaスタッフ
新規登録・ログイン

総合受付・問合わせ

熱海市観光協会
0557.85.2222

413-0014
静岡県熱海市
渚町2018-8
親水公園内

携帯からも
予約できます。

QRコード

アイコン一覧


温泉入浴
食事付き 食事付き
お酒が出る お酒が出る
おやつ付き おやつ付き
たくさん歩く たくさん歩く
乗り物移動 乗り物移動
駐車場あり 駐車場あり
キッズも楽しめる キッズも
楽しめる


NPO atamista

Atami News